浮気の証拠がない状態で問い詰めると損する理由

 

こんにちは、福岡探偵事務所です。浮気の証拠がないけども浮気をしているのは間違いない!というケースもあるかと思います。そのような時に配偶者や浮気相手に対して浮気をしているでしょ?と問い詰めるのは悪手だということも色々な記事に書いてきました。では、浮気調査もせず、浮気の証拠もない状態で相手を問い詰めてしまうと自分がどのような不利益を蒙るのかを探偵が教えます。

 

■浮気の証拠がない状態で問い詰めるデメリット

・自白の期待に依存していることになる

浮気の証拠がない状態で相手を問い詰めるという事は配偶者や浮気相手の自白に依存している事になります。「浮気しているでしょ?」と言っても「していない」と否定されれば終わりますし、「好きだよ」と受信しているライン見たと言っても「おふざけだよ」と言われれば決定的な浮気の証拠にはなりません。こうなってしまうと配偶者や浮気相手の自白で「浮気してました。ごめんなさい。」と言ってくれなければ逆にこちらが不利な立場になってしまうのです。また、例え自白したとしても書面などを交わしていないなら後で言っていないと言われてしまい事後トラブルが起こってしまう可能性も出てきます。

 

 

・証拠が撮りにくくなる

浮気をしているかと問い詰める事は相手に警戒心を与えることになり探偵としても調査がやりにくくなります。となると、調査の時間が増えることになり、調査料金も増えてしまうということにもなりかねません。浮気の証拠がない状態で問い詰めるということは自白されなければ全てマイナスになるということを覚えておいて下さい。

 

 

・夫婦間の関係性が悪くなる

証拠がなく問い詰めたことによって夫婦の関係性が悪くなる可能性があります。証拠があれば浮気をしたというケジメをとってもらうことができますが、証拠がないと浮気を疑う最低な人という自分の本位とは180度違う展開になっていきます。また、浮気を疑う配偶者がウザイという口実で帰宅が遅くなったりする可能性もあるのでやはり証拠がない状態での問い詰めはよくありません。もっと色々な方法を考えて証拠を固めていくことが賢いやり方だと思います。

 

浮気を問い詰める

 

 

■浮気の証拠がなくても訴えることは可能か

・訴えるのは自由です

憲法には「何人も裁判所において裁判を受ける権利を奪われない」と書いてありますので、浮気の証拠がなくても訴えは可能です。ただ、証拠がないものですから上で書いたのと同様に自白に期待する他ないわけです。裁判で「浮気をした事実はありません」と言われれば、どのような浮気の証拠があるかということが重要なので、それで証拠はありませんとなれば、浮気をしていないという判決が出ることになるでしょう。

 

 

・逆に不法行為にもなりえる

最高裁で「民事訴訟を提起した者が敗訴の確定判決を受けた場合において、右訴えの提起が相手方に対する違法な行為といえるのは、当該訴訟において提訴者の主張した権利又は法律関係(以下「権利等」という。)が事実的、法律的根拠を欠くものであるうえ、提訴者が、そのことを知りながら又は通常人であれば容易にそのことを知りえたといえるのにあえて訴えを提起したなど、訴えの提起が裁判制度の趣旨目的に照らして著しく相当性を欠くと認められるときに限られるものと解するのが相当である。」という判例があります。ということは、証拠がなく訴えるのは逆に違法な行為にあたる可能性が出てくるということです。

 

 

■まとめ

浮気していると分かっているのに浮気の証拠がなく感情的になり相手を問い詰めるという行為はやはり損しかうまれません。自白をしたとしてもそれを書面にしていないのであれば無いのと等しいと思ったほうが良いでしょう。いざ書面に一筆書いてくれと言っても今度書くよとはぐらかされたという話も珍しくありません。探偵だから営業トークで証拠が必要と言っているのではありません、相手との交渉時や裁判に備える為にも証拠が絶対に必要なのです。その為に私たち探偵が経験を基にどのような調査をして、どのような証拠を集めていくべきなのかということを精査し調査を進めていく事になります。