【探偵の考察】浮気した妻と離婚する?しない?

 

浮気調査の男女比は福岡ではそんなに変わらず、妻の浮気調査を依頼したいと相談に来られる方も多くいらっしゃいます。男性が依頼者様の場合は自分の妻を信じたいという願望が強く、どちらかというと浮気に気付くのが遅い傾向があります。福岡で多くの浮気調査をしてきましたが、「浮気をしている夫」「浮気をされている妻」・「浮気をしている妻」「浮気をされている夫」と対処の方法や離婚への決意に「男と女」という性差をものすごく感じます。さて、本題に入りますが、浮気をされた夫として最初に決めないといけないのは「離婚する」か「離婚しない」という選択です。

 

■浮気した妻と離婚しないという選択

・浮気されたけどやり直したい

まだ妻が好きだから、子どもが小さいから等で浮気されたけど妻と離婚はしたくないという考えを持たれる方もいるでしょう。しかし、探偵としての経験上、男性が妻の浮気を心から許すのは無理です。もし離婚をしないという選択をされるのであれば、もう一度浮気をされる可能性が高いという覚悟を持たなければなりません。ハッキリと申し上げると妻に浮気をされて離婚をしないと決めても妻は離婚したいと思っている方が多いのです。夫の浮気と妻の浮気の決定的な差は妻の浮気の場合は夫への愛が既にない事が多いのです。

 

・それでも妻とは絶対に離婚しない

妻に浮気をされた場合、決定権があるのは夫です。勝手に妻が浮気をし妻から離婚を請求するのは法律が許しません。既に婚姻関係が破綻していると認められた場合は例外として認められることもありますが、現実的にこれが認められることは滅多にあることでありません。しかし、妻から浮気をされ離婚を申し出されたとしたら結婚生活を続けていくというのも現実的ではありません。まずは、離婚しないにしても離婚するにしても証拠を集め、妻と浮気相手其々と話し合いをする必要があるでしょう。妻が本気な場合であっても浮気相手が遊びの場合も十分にあり、慰謝料を請求されたら逃げる場合もあるのです。

 

 

■浮気した妻と離婚する場合

・浮気の証拠を集めて離婚しよう

とりあえずは浮気の証拠を集める事が先決です。絶対にやってはならないのが感情的になって妻に暴言や暴力をふるうことです。逆に妻からDVやモラハラと言われて慰謝料を払うはめになるかもしれません。まずは、浮気の疑いがあるのであれば探偵に証拠を集めてもらい弁護士に依頼するのが間違いありません。

 

・浮気相手の情報も調べておく

浮気相手の情報も調べておくと慰謝料請求のときもスムーズにいけます。妻に浮気相手の情報を聞き出そうとしても言わないでしょうし浮気相手と口裏を合わせるだけでしょう。残念ながら夫である貴方は敵で、浮気相手が妻にとって大切な人となっています。浮気相手の勤務先まで分かれば収入も大まかに分かりますので慰謝料請求の際に交渉しやすくなります。

 

・親権者になるのは母親が多い

浮気をしたから親権者として妻は相応しくないと感じるかもしれませんが、残念ながら浮気をしても妻が親権者になる可能性が高いです。(オススメ記事:妻の浮気が原因、父親は子の親権を取れるのか?)だからと言って絶対にとれないというわけではないですので、出来ることを一つ一つやっていくしかありません。15歳以上の子どもであれば、子どもの気持ちを尊重することになります。

 

 

■まとめ

妻から浮気をされた場合には、妻は浮気相手に対して本気で惚れているということを前提に全てを考えてください。それゆえに妻に浮気のことを聞いたとしても自白することはほとんどありません。また探偵に依頼し証拠を妻に突きつけたとしても、逆ギレするパターンが多いようです。もちろん個人差はあるでしょうが、私の経験上男性の浮気は浮気で女性の浮気は本気の事が多いです。何にせよ証拠を集めておく事は絶対に必要ですので、まずは探偵に相談下さい。