別居中に浮気調査はできるのか?

 

福岡探偵事務所の浮気調査の依頼の中には、別居中に配偶者の浮気調査を依頼したいという方がいます。そもそも別居をしているという事は夫婦間が上手くいっていないということか単身赴任かの二つに一つかと思います。夫婦間が上手くいっていない方ですと、喧嘩をし勢い余って出て行ったとか、それこそ浮気が原因で喧嘩になり別居が始まったとか色々と原因があるはずです。まずは冷静になって証拠を集めるという部分に集中して対処していきましょう。

 

■別居中の浮気調査って出来るの?

・別居中の浮気調査はやりやすい

探偵目線で言うと調査はもちろんのこと出来ますし、浮気調査の中でも非常にやりやすい部類に入ります。どこかのアパートやマンションを借りていることが多く、浮気をしている場合はそこに浮気相手を呼び出すことが多いのです。自宅さえ分かっていれば短時間で浮気の証拠を撮れることにもなり費用的にも安価で出来る事になります。また、一人暮らしをしていることから油断しているので警戒心が薄い場合が多いです。浮気相手を頻繁に呼んだり、酷い場合には半同棲しているというケースもあります。

 

 

・自宅が分からない場合

突然出て行ったので自宅が分からないというケースもありますが、自宅特定をして浮気調査をするということも出来ます。自分から配偶者に連絡をして自宅はどこなのか?と聞いても中々教えてくれないということもあるでしょう。自宅を特定するのは色々な方法がありますので、その案件にあった調査方法を弊所で提案します。

 

 

・別居中の浮気調査の証拠は意味があるのか

同居していても別居していても浮気調査をして証拠を撮る意味はほとんどの人にはあります。ほとんどという表現を使ったのは中には夫婦関係が破綻しているというケースが稀にあるからです。しかし、今まで探偵として多くの浮気調査をしてきましたが、夫婦関係が破綻しているのが裁判で認められて慰謝料請求が出来なかったという事は聞いた事はありません。そのくらいのレベルの話ですので、まずほとんどの人には当てはまらないケースなのです。

 

 

・夫婦関係が破綻しているか心配

夫婦関係が破綻しているか判断するのは裁判所であり、我々探偵でも弁護士でもありません。また、裁判まで発展することは数%でありほとんどが話し合いで解決するのが現実です。浮気相手も自分が一番可愛いですので、いかにして慰謝料を払わずにすむかと考える人もいます。その時に飛び出すのが「夫婦関係が破綻しているって聞いた。」です。上でも書いたとおり夫婦関係が破綻していたという事が認められることはほぼありません。夫婦関係が破綻しているという立証をするのは相手側なので、それを立証すること自体が難しく、逆に崩すのは簡単なのです。

 

 

■別居中の浮気調査で気をつけること

・配偶者の自宅に近づかない

もし配偶者の自宅付近のスーパーなどで見られると一気に警戒心が高まるかもしれません。依頼者様にそんな気はないとしても、配偶者は後ろめたさから何か探りにきたんじゃないのか?と疑ってしまいます。逆に言えば意識的に、配偶者の自宅付近には近づかないようにしましょう。どうしても気になって自分で配偶者のアパート付近に行ってしまったり、突然訪問したりとかは絶対にしないようにしましょう。

 

 

・あえて隙をつくる

何度も書いているように別居していると警戒心が薄くなり、浮気相手を自宅に呼ぶ可能性が非常に高いです。そこで、あえて隙を作る事により浮気の証拠を撮りやすくするということも出来ます。例えば、連絡はとっているという関係であれば配偶者に週末は実家に子どもを連れて遊びに行って来るね等、遠方にいますよとアピールするのです。そうすることにより、油断が出来ますので自宅に浮気相手を呼ぶ可能性をあげることが出来ます。

 

 

■まとめ

別居中の浮気調査は証拠が撮りづらいのではないか?と思われる方もいらっしゃいます。上でも書いている通り、実際は別居中の浮気調査でも証拠が撮りにくいというケースはあまりないのです。別居していても証拠の意味はありますし、別居したからと言って不貞をはたらくと慰謝料を請求されます。別居後から浮気を始めたと言っても夫婦関係が破綻していなければ問題はありません。何より絶対に証拠を集める、ここ一つに集中していきましょう。案件により様々な事が考えられますので福岡探偵事務所まで相談下さい。