結婚(前)調査を探偵に依頼する場合

 

福岡にて探偵をしていると、結婚(前)調査の相談がよくあります。結婚調査をする内容は人それぞれで幅広い要因があります。例えば、結婚をすると言いながら両親に会わせてくれないとか、ギャンブル依存症っぽいので調べて欲しいなど、結婚してから発覚したのでは遅いので先に調べておくというものです。中には同和地区出身じゃないか調べて欲しいという相談を受けることがありますが、そのような差別・違法な調査は福岡探偵事務所では行っていません。

 

■探偵に結婚(前)調査の相談をしよう

探偵の結婚調査

・相談内容は偏っている場合が多い

探偵に結婚調査を依頼しようと考えている方は少なくもプラスの要因で調査を依頼する訳ではありません。彼がボランティア活動をしていると言っていたので格好いい姿をカメラで撮って欲しいとか、彼女がアパレル店員なので働いている可愛い姿を撮ってきてほしいのような依頼はありません。少なくも付き合っている時点で、借金があるっぽいと感じたり、自分以外に付き合っている人がいるように感じたり、酷いときは既婚者じゃないか?と疑うような事が出てきたりした場合に探偵に相談されます。簡単にまとめると、経済面異性問題の二つが主な原因となり調査を依頼するキッカケとなります。

 

・相手の情報を探偵に伝えよう

友人関係ではなく彼氏彼女という関係性から結婚調査では相手の情報がほぼ分かっている事が多いです。相手の名前から住所、勤務先や実家まで知っているということも多いでしょう。そのような情報を使って何を調べていくのかで調査方法が全く変わってきます。中には彼氏彼女の自宅の近くまで行ったことあるが詳細の住所までは知らなかったり、業種は知っているけど勤め先の具体的な場所まで知らなかったりとする場合もあります。第三者である私の感覚としては長く付き合っていたり、結婚直前くらいの付き合いなのに、自宅も勤務先もハッキリと分からないのはおかしいなと感じてしまいます。

 

・結婚調査をやるべき理由

結婚調査をしようと考えている人は結婚調査をやるべきです。考えている時点で相手に対し何らかの不信感を抱いていてスッキリしない状態で付き合っているかと思います。また、その不信感というのは具体的な理由があるでしょう。その不信感を取り除かなければ結婚後に苦労する可能性が高いでしょうし、調査をすることにより証拠や判明事項が出てきて結婚しないという選択も選ぶこともできます。一生に一度の大イベントなので慎重に検討した方がいいでしょう。

 

■探偵に結婚調査を依頼すべき場合

・他に異性がいるのを感じる

結婚調査でも多い相談内容です。実質は浮気調査と同じようなものですが、結婚前提にもかかわらず浮気しているようであれば大問題です。中には浮気ではなく既婚者だったという事例もありますので、自分が浮気相手だったということも有りえます。そうなると、相手方の配偶者より慰謝料請求をされる可能性もあるので早めに対処して別れたほうがいいでしょう。もし、慰謝料請求された場合は3桁万円支払わないといけなくなる可能性もでてきます。本当に相手が既婚者だったということを知らなくても過失が認められる場合があるので慰謝料から逃げられない可能性があります。

 

・ギャンブル依存症っぽい

女性よりも男性がギャンブル好きの方が多いです。パチンコ依存症の場合は少しの時間にも行きお金を使います。1万円や2万円くらいであれば1時間もしない内になくなるでしょう。それを開店から閉店までパチンコ屋に居続けるとなると、数万円から十数万円くらい一日で使う可能性も出て来ます。それが毎日になると想像しただけでも恐ろしい事が分かります。他のギャンブルと言えば競馬競艇です。公営ギャンブルといえハマるとパチンコ以上にお金を注ぎ込む事になります。あまりにもパチンコ屋や競艇場に行っている場合は注意が必要です。

 

・勤務先が嘘っぽい

勤務先を嘘ついている場合もあり男性が多い傾向があります。男性の心理上大きく自分を見せたいが為に誰でも知っているような企業名を言い経済力をアピールする方がいます。ただ、付き合っていく内に勤務先が嘘っぽいということが分かり調査をしたら案の定ということがあります。最近は婚活パーティーや婚活アプリなどの出会いも増えていますので、このような被害はますます増えていくのではないかと考えられます。勤務先が嘘だから結婚を辞めるかどうかはさておき、何故うそをついたのかという所を話し合う必要性があると思います。

・風俗で働いている

これは男性からの相談で多いのですが、彼女が風俗で働いているかもしれないという相談があります。風俗店のホームページには女性の写真がいくつもありモザイクがかかっていたり、目元だけ隠していたりするものがあります。ただ、いくら隠していたとしても彼氏から見れば彼女の雰囲気が分かるので発見するというケースがあります。風俗で働いた経験のある人は20人に1人という記事を見たこともあるので、彼女が風俗嬢だったということも珍しくないのかもしれませんね。

 

・離婚歴がある場合

離婚歴がある場合どのような理由で離婚したのかが気になるポイントです。このような場合は探偵が聞き込みをし相手の人柄を聞いていきます。依頼者様が一番恐れるのは金銭面と言うより暴力をふるう人間じゃないのかという部分が気になるようです。その他にも聞き込みをすれば色々と判明する可能性はあります。

 

■結婚調査が得意な探偵に任せよう

・聞き込みとデータ調査がメインになる場合も

結婚調査は人柄を判明していく要素がありますので、聞き込み調査やデータ調査がメインになる場合があります。尾行や張り込み調査は探偵の基本でありますが、聞き込み調査が苦手な探偵もいるのが事実です。相手からスムーズに情報を引き出し、さらには怪しまれないということが重要になります。どのような言葉で話しかけ、どのような会話のキャッチボールをするかというのは聞き込み調査に慣れていなければ難しいのです。人間は少しした違和感を感じると話したがりませんし、この時代は尚のこと聞き込み調査に技術が必要になってきました。福岡探偵事務所には聞き込み調査に長けた探偵がいますので安心して相談下さい。

 

・もちろん尾行張り込みをする場合もある

例えば、相手がギャンブル依存症かどうかという調査であれば張り込みをして尾行すれば判明していくでしょう。また、パチンコ屋には店内にATMも設置されてあり何度も駆け込むようであれば依存症の可能性が高くなってきます。上でも書いたとおり依存気味の人は少し空いた時間でもパチンコ店に行って平気で遊戯をするタイプが多いです。休みの日は開店から閉店までいたりして金銭感覚がすこし変になっていると考えられます。このように、ギャンブル依存症や浮気については尾行張り込みがメインになっていくでしょう。

 

■まとめ

今回は結婚(前)調査について書いてみました。探偵をしていると色々な問題を抱えている人と話すことが多いです。結婚する前にこのような事が問題が判明すれば対処しようもありますが、結婚した後に判明したとしても中々すぐに離婚しようとはならないでしょう。結婚する前に判明しておけば問題が解決するまで結婚を保留する事もできますし、結婚自体をしないという選択を選ぶこともできます。大切なのは結婚前に対処する事だと私は思います。福岡探偵事務所は24時間相談無料ですのでいつでもご相談下さい。