浮気されたけど離婚したくない妻たち

 

浮気調査の結果を報告すると、浮気する夫とは一緒に生活したくないと思われる方や、少しでも早く離婚して離れたいと考える方もたくさんいます。その一方で、様々な事情があり浮気されたけど離婚はしたくないと決断される方もいます。ここでは浮気をしている配偶者と何故離婚をしたくないのかの理由と、相手から離婚しようと言われ場合に離婚しなくて済む方法を説明したいと思います。

 

■離婚したくない理由

・子どもたちがいる為

子どもたちには両親がいたほうが精神的にも安定するという考えがあります。なので、子どもが成人するまでは仮面夫婦を演じているという話を聞いたりもします。また、子どもの学校関連の問題で離婚をし引っ越しをすると転校をしなければならないというケースも出てきます。子ども達には迷惑をかけたくないという考えから離婚をしなかったり先延ばしにする方もいます。

 

 

離婚と子ども

 

 

・離婚後の経済事情

子どもの有無に関わらず妻が家で家事をして夫が外で働くという夫婦は今の時代でも珍しいことではありません。なので、妻の立場としては夫が浮気をしていたとしても経済的な問題で中々離婚に踏み切れないという理由があります。私の経験上このような理由で離婚に踏み切れない方は、あまり社会で働いたことがない方や夫が平均以上稼いでいるという方です。離婚をしてパートを始めたとしても時給900円で週5フルタイムで働いても15万円前後あたりで落ち着くになるでしょう。そういったリアルな給料の数字を見るとどうしても躊躇ってしまう方が多いようです。

 

離婚後は生活費を請求することが出来ないという記事も見ますが厳密には違います。夫が離婚後も生活費の面倒を見るとの了承を得ることができれば「扶養的財産分与」というもので請求することができます。これは専業主婦であれば裁判でも認められるケースでもあるのです。

 

 

・自宅の不動産問題

例えば、夫名義でマンションを購入しローンを組んだとします。夫の浮気のせいで離婚になったんだから、妻としては子どもと一緒にそのマンションに住むつもりでいたとしましょう。もちろん、夫はそれについて了承したとします。そうすると、名義の問題がありますよね。夫名義から妻名義に変えなければなりません。普通に考えれば名義変更とローンの問題は別の話なので、名義変更はできそうな気もします。しかし、通常は銀行などでローン契約していると「名義変更する場合は銀行の承諾を得ること」などの条文が入っていると思います。じゃあ、銀行が承諾得ればいいじゃんと思うかもしれませんが簡単に承諾をしないところもあります。また、こっそり名義変更をしてもし銀行にバレた場合は一括返済を求められるリスクがあります。このような場合は公正証書を作成しローンが支払い終わったら名義変更をするとの条文をつけるといいでしょう。

 

また、よくあるケースでいうと夫婦で連帯債務者契約を結んでいる場合です。そうなると、そのマンションに住んでいない方もローンが残り続けるという状態になりますので中々離婚に踏み切れないという事になります。

 

 

・夫への愛情と信用

「浮気は浮気だからいずれ私のもとへ戻ってくる」「まだ夫の事が好きだから」との理由で離婚に踏み切れないということもあります。浮気調査の報告をした直後は離婚すると感情的になられる方もいますが、少し時間を置くとやっぱり離婚しないという方も多いです。また逆もあり、離婚はしないと言っていたが時間が経つとやっぱり離婚をするという方もよくいます。

 

 

■浮気した夫から離婚しようと言われたら

・離婚請求を拒否できる

離婚しようと言われても離婚しないと言えます。それは有責者からの離婚は相当な要件を満たさないと裁判所は認めないからです。よく聞くのは別居したら離婚できるという話ですが、別居したとしても長期間でなければ離婚することは認められません。今までの判例では7年以上くらいが多いです。

 

 

・離婚を拒否する為にも証拠はいる

有責配偶者から離婚することは出来ないと書きましたが、そのためには相手が有責者であることの証拠が必要になります。証拠があることにより「慰謝料請求ができる」「こちらから離婚請求できる」「あちらから離婚したいと言われても拒否できる」「財産分与など優位な立場ですすめることができる」など、あらゆる面で有利に進めることができます。悪い言い方をするとこちらの気持ち次第でどうにでも出来てしまうのです。その為にも必ず証拠が必要で、ここでいう証拠は不貞を推認できる証拠ということです。たとえ一時的に夫が浮気を自白したと言っても、あとでひっくり返される可能性もあります。「浮気と言ったのは女性と二人でご飯に行ってしまったから」とか「体の関係もなく一方的にある女性を好きになったから浮気だと言った」とか言ってくるかもしれません。もっと酷いとなると「そんなこと言っていない」と言われるかもしれません。どんな状況でも対応できるように現場の写真を抑えるのが一番確実です。

 

 

・離婚不受理申出を出しておく

離婚の話になると互いに感情的になることもあるでしょう。そうなった場合に離婚届を勝手に出されるという事も残念ながら起こってしまいます。そんなの無効だ!と思われるでしょうが、確かに無効です。ただ、その無効を確定させる為には「協議離婚無効確認調停」「協議離婚の無効確認の訴え」を提起しなければなりません。はっきりって大きな労力が必要になってくるということです。

そうならない為にも役所が離婚届を不受理するように、離婚不受理を申し出ておけば安心ということです。ちなみに、離婚不受理申出は一旦申請出すと無期限で効力が続きます。離婚しようと決断された場合は一度申請を取り下げてから離婚届を出すことになります。

 

 

■まとめ

本日は「浮気されたけど離婚したくない妻たち」というタイトルで書いてみましたが如何でしたでしょうか?簡単にまとめると「浮気をした者からの離婚はできない」「証拠を掴んで有責者であることを立証する」「離婚不受理申出を出しておく」の3点です。弊所では探偵事務所と同時に行政書士事務所も運営している為に浮気の証拠集めから離婚協議書や公正証書原案などの作成も業務として行っております。なにより、2020年4月より民法改正がある為に公正証書の重要性も高まります。浮気しているかもしれないと思ったら弊所にご相談ください。

お問合わせ

浮気調査・各種調査に関するお問合わせ

「浮気かわからないけれど不安で・・・」「すぐに調査を依頼したい」「まずは無料相談を受けてみたい」「見積りをしてほしい」など、お気軽にお問合わせください。ご相談は24時間無料で受け付けております。

LINE@でもご相談ください!

メールフォーム

メールでのお問合わせは下記フォームの項目を入力してください
*必須事項になります。

お名前*(匿名可)
フリガナ*
メールアドレス*
メールアドレス*確認用
電話番号
ご相談内容*
上記内容が正しければチェックを入れていただき下記より送信ください。

浮気調査・各種調査対応エリア

福岡地域
福岡市 - 東区・博多区・中央区・南区・西区・城南区・早良区・糟屋郡・朝倉市・糸島氏・大野城市・春日市・古賀氏・太宰府市・筑紫野市・筑前町・東峰村・那珂川町・福津市・宗像市
北九州地域
北九州市・芦屋町・岡垣町・遠賀町・苅田町・上毛町・築上町・中間市・豊前市・水巻町・みやこ町・行橋市・吉富町
筑後地域
うきは市・大川市・大木町・大牟田市・小郡市・久留米市・大刀洗町・筑後市・広川町・みやま市・柳川市・八女市
筑豊地域
赤村・飯塚市・糸田町・大任町・嘉麻市・川崎町・香春町・鞍手町・小竹町・添田町・田川市・直方市・福智町・宮若市
九州全域
福岡・熊本・佐賀・長崎・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
その他、日本全国で探偵業務を承っています。