出会い系でのトラブル増加中

出会い系で騙されるワケ

 

こんにちは、福岡探偵事務所です。
最近、出会い系でのトラブルについて相談されることが多くなってきました。出会い系でのトラブルと言ってもサイト自体に対するトラブル、例えば費用を払ったのにサクラばかりだとか登録解除料に20万円支払えとかそういった類ではありあません。あくまでも、個人間でのトラブルで出会い系で出会った異性が既婚者だったとか、出会い系で出会った人にお金を貸して返してくれないとかそういった類のものです。色々な記事で書いていますが出会い系というツールを使って出会うという事は全く知らない人と会って仲を深めていくということです。それを目的にしている訳ですので相手も貴方も双方情報があまりないまま出会うということになります。しかも相手が「既婚者ではありません。」と言えばそれを信じるしかなく、騙されたと思ったときは既に遅い状況でしょう。これはいわば悪意を持った人間にとっては都合のよいものでしかなく純粋に出会いを求めている人に対していくらでも騙すことが出来るという事です。

 

出会い系で騙される

 

たまにニュースでも取り上げられたりもしますがオジサンがイケメンの写真を使用して女性からお金を振り込ませたりすることも出来るのです。一度も会った事がないにもかかわらずにそのような事が出来てしまうのは相手の心を利用した悪質な詐欺だからなのです。「顔」という自分ではない人間を自分と思い込ませることができる出会い系で既婚者なのに未婚者と思わせることは難しい事ではありません。このようなトラブルが起こりやすいのは人と人との線での繋がりではなく、人と人との点での繋がりだからだと思います。仲のいい友人から紹介された異性であれば、その友人がその異性のことを知っているので既婚者か未婚者か知っている訳です。またその異性の名前や住所も知っているので身元が分かっています。このように線で繋がりがあるのであれば何か起こった場合も対処がしやすいでしょうし、そもそも友人からの紹介であればトラブルになる可能性も低いのです。しかし、出会い系のような出会いであれば点での繋がりなのでトラブルが起こってしまった場合は対処するのにも苦労するのです。

 

既婚者か未婚者かを知るためには戸籍を見るのが一番ですが個人情報ですので閲覧することはできません。相手に戸籍謄本を持ってきてとお願いするわけにもいかないでしょう。そういった場合は、まず会う時間帯を気にするのも目安になると思います。家庭がある場合は早めに帰宅したりイベント時には家族と過ごす人も多くいます。その辺を一つの目安にして相手を見ると違和感を感じるかもしれません。また、結婚指輪をつけたままにしていたり結婚指輪焼けしていることもあるので左手の薬指に注目してみるのもいいでしょう。他にも既婚者か未婚者か見分けるポイントで分かりやすいのは自宅に連れて行かないというとこです。やたらとラブホテルしか行かない場合は既婚者の可能性が高まります。自宅に連れて行けば既婚者であることがバレますし浮気をしていたこともバレてしまいます。今後の為に自宅の住所まで分からなくても大体の場所は把握しておいたほうがいいでしょう。そこから自宅を判明させられる可能性もあるので既婚者か未婚者か分かると思います。本当に知らずに既婚者と付き合っているとしても相手方の配偶者から慰謝料を請求される可能性はあるのです。

 

このように出会い系での出会いは既婚者か未婚者かを判明させるのにも手間がかかってしまいます。これは共通の友人がいないから聞きようもないからです。何度も言いますが線の繋がりでなく点として独立した繋がりだからそうなるのです。このようなトラブルはこれからもっと増えてくると思いますが自分が当事者にならないと中々分からないものです。既婚者なのか?バツがあるのか?勤務先はウソじゃないのか?結婚を意識しているのであれば、しっかりと話し合うことが大切でしょう。また本当の事を知りたい時は是非、福岡探偵事務所まで相談下さい。