【探偵の考察】夫と浮気相手を別れさせたい

 

福岡の事務所にて浮気調査の相談をよく受けますが、証拠を集めて離婚するという方だけでなく、夫と浮気相手を別れさせたいと考える方もいます。離婚するということであれば浮気調査で証拠を集め、慰謝料を請求し離婚する。これで大まかにはいいでしょう。しかし、夫と浮気相手を別れさせる方法などあるのでしょうか?ネットでは別れさせ工作というものを見かけますが、それはどういったものなのか?探偵とは違うのか?ここではそれを解説いたします。

 

■夫と浮気相手への別れさせ工作

・別れさせ工作と探偵は一緒?

探偵業を営んでいる探偵事務所の中には別れさせ工作を業務として行っている探偵事務所もあるようですが、別れさせ工作をする業者と浮気調査のような業務をする探偵事務所では調査をする主な目的が違います。探偵業法の中に、探偵業務とは他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として面接による聞き込み、尾行、張り込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する業務と定義されています。要するに別れさせ工作をする業者(探偵事務所)も相手方の行動が分からなければ工作もしようがない為に探偵の届出を出しており、探偵事務所の看板を出しているのです。

 

・別れさせ工作は違法なのか?

大阪地裁では別れさせ工作は公序良俗に反しないという判決がでております。この裁判の内容は依頼者が探偵業者に料金を支払わなかった為に探偵業者側が提訴し、それに対し依頼者は別れさせ工作は公序良俗に反する為に無効だという主張をしたが通らなかったというものです。もう少し掘り下げると、関係者全員が未婚であり女性工作員と男性を接触させ食事をするなどの自由の意思の範囲で別れさせ工作をおこなった為に公序良俗に反しないというもののようです。別れさせ工作が公序良俗に反するかどうかは、別れさせる為の過程と既婚者であるかどうか等が問題となりそうです。

 

・別れさせ工作は費用が高い

上の大阪地裁の未払い分は70万円のようですが、あくまでも未払い分であり既に支払った分も考慮すると高額であることが推測できます。他にも別れさせサイトの料金を見ると100万円以上するようなケースもあるようで高額である事は言うまでもありません。更に、成功するかどうかという問題もあり、私は普通に浮気調査をして証拠を掴み話し合う事が一番の最善策だと考えております。

 

 

■夫と浮気相手を別れさせる方法

・まずは証拠を揃えること

前提として証拠を揃えることが必要で、証拠さえあれば互いのどちらかの気持ちが冷め離れていくという可能性は十分にあります。どういうことかと言うと、どちらかが遊びのような感覚で付き合っているレベルであれば、慰謝料請求をされるとたまったものではありません。もしかしたら裁判になるかもしれないという精神的なプレッシャーもあるので遊びで付き合っている程度であるなら夫と浮気相手の関係性が悪くなるというのは容易に推測できます。そういった意味で証拠を集めておくというのは非常に重要な事項となります。もし、証拠がなく怪しい程度で夫を問い詰めたとしましょう。そしたらどうなると思いますか?夫は浮気を疑われている事を浮気相手に言い、ますます結託するようになり背徳感で盛り上がる事になります。意味ないエサで浮気相手を喜ばせ、警戒されていては意味がないどころかマイナスだと思いませんか?まずはしっかりと証拠を揃える重要性を認識してください。

 

・和解する際に条件を入れる

典型的なパターンとして浮気相手との交渉の際に夫と会ったら30万円、連絡したら10万円のように条件を盛り込んで書面を作成するということです。もちろん、これも証拠あって初めて浮気相手に浮気をしていたことを認めさせることが出来、交渉もスムーズにできるようになります。浮気相手が夫に対し本気じゃなかった場合は浮気相手から離れていく事になるでしょう。逆に夫が浮気相手に本気じゃなかった場合は、浮気相手との関係性が悪くなり勝手に別れていくことになります。どちらにせよ、別れさせるという目的においては証拠をとって交渉することが一番いいと思います。

 

・夫と浮気相手が本気だった場合

証拠を集め交渉をするときに夫と浮気相手が本気だった場合も考えておかないといけません。その場合でも夫とこれからやっていける自信はありますか?仮に浮気相手が夫と別れませんし付き合い続けますと言い、夫も妻とは別れて浮気相手と結婚したいと言っている状況で突っぱねる事は出来ますか?確かに法律面で言えば有責者からの離婚は認められないですが自分自身の人生としてそれでいいと思えますか?そこに芽生える感情は夫と浮気相手が幸せになってほしくないという感情や、恨みやムカツキという負の感情でしょう。しかし、頑なに別れないという選択をとるより、さっさと別れて新しい人生に踏み出した方が無駄な時間ではないような気がします。復讐しても何も意味がないと綺麗事は言いませんが、私達ができる唯一の復讐はキッチリと慰謝料を請求することだと思います。

 

■まとめ

浮気調査をした後も色々なケースを考えないといけません。夫が遊びの場合、浮気相手が遊びの場合、双方本気じゃない場合、双方本気な場合があるでしょう。前者三つの場合は証拠を集めて話し合えば勝手にどちらからか別れていく可能性はあります。しかし、夫と浮気相手が本気だった場合に浮気をされている側がどう対応するかということも考えておかなければなりません。それは精神的にとてもキツイと思いますが、そのまま夫と付き合っていくことのほうが精神的にキツイと思いませんか?浮気をしている映像を見ると当初は離婚はしないと思っていた方も離婚をしようと決心される方もいます。浮気の証拠は相手との交渉だけでなく、自分自身の心の整理としても役に立つ事があります。まずは、探偵へ相談してどうしたらいいのかをアドバイスをもらいましょう。まず相談する事が解決するための第一歩となります。