この季節の浮気調査は暑さと蚊に注意

この季節の浮気調査は蚊も敵だ

 

こんにちは、福岡探偵事務所です。

 

この季節の浮気調査は暑さと蚊が敵となります・・・。車内での張り込みであれば問題ないのですが外での張り込みはジンワリと汗をかき夕方頃には蚊がよってきます。先日も外で張り込む調査があり虫除けスプレーをせずに調査をしてしまいました。手や腕にはかなりの蚊にかまれ調査中ずっと痒かったです。いまだに痒い。この前の調査は木がいっぱい生い茂っていて蚊が尋常じゃないくらい多かったので虫除けスプレーのありがたみが分かりました。

 

 

今年ももうお盆となり渋滞しているようですが皆様は帰省されているのでしょうか?私は浮気調査の予定だったのですが急遽キャンセルとなってしまい予定がポッカリと空いてしまいました。ただ、報告書が溜まっているので丁度よかったのかなとも思っています。道が混んでいるし暑いしで事務所内で報告書をじっくりとまとめておくことのほうがよさそうですしね。

 

探偵が渋滞にはまる

 

 

最近はよく浮気関連のネットニュースを閲覧するのですが、浮気と密接に関わる仕事をしているので勉強になったり参考になったりすることも多いです。浮気をされた側の人間が相談してカウンセラーや専門家が答えたりしているQ&Aのニュース記事をよく見るのですが、この前見たのが私自身にも相談が多い「浮気されてやり直したいけどモヤモヤする。」という事をどう解決するのかという問題です。カウンセラーや専門家が言うには素直に言ったり紙に書き出したりすることがいいと書いてありました。他にも「悔しい」という気持ちがあれば、別のことに関連付けて「あそこのチーム負けたらしいね、悔しいね。」とか、信じられない気持ちがあるのであれば「この話は信じられないよね。」などを浮気した人に対して発することもいいらしいのです。これを見て、こんなのでスッキリするのかと思いましたが専門家が言っているのであれば意味がないことはないのでしょうね。

 

 

ただ私自身はこのモヤモヤした気持ち、イライラする気持ちを無くすという方法はないと思っています。やり直すのであれば、もっと俯瞰的に自分の感情を見て浮気されたからモヤモヤするのは当然だというふうに思うしかありません。あとの選択肢としては離婚するかです。別れて新しいパートナーを探すという事のほうが時間の無駄もありませんし精神的にも安定するとは思うのですが経済面や色々なことを不安に考えて踏み出せる人は少数です。浮気されたモヤモヤを晴らす魔法の方法があればいいのですが、現実的に時間を経て記憶を薄くしていくしかないでしょう。何年も何十年も経っても覚えてはいるでしょうから浮気された人と一緒に生活していくのは難しいとは思いますが。

 

 

もう一つの問題として浮気した側が謝罪したとしても、また隠れてコソコソ浮気をする可能性はあるということです。同じ浮気相手と浮気する可能性も十分にありますし十年後二十年後に他の人と浮気する可能性もあります。実際に浮気調査をする中で一度再構築をし十数年経っているのにも関わらず他の人と浮気をしているということはありました。一度浮気した人間が必ず二度浮気するとまでは言いませんが、全くしない人に比べると可能性が高いのは当然です。

 

 

タイトルは「この季節の浮気調査は暑さと蚊に注意」なのに書いていく内に変わってきましたが蚊は調査の天敵であるということを書きたかったのです。蚊が活発に活動する気温は26度~32度らしく、35度を超えると蚊も活動をやめるらしいですね。36度以上になってほしい思う反面、そうなればそうなったで暑くて大変になるというジレンマが・・・。今月の電気代も高いだろうなと思いつつクーラーを消せない探偵です。