福岡の探偵が知る婚活パーティーの罠

 

福岡探偵事務所への相談の中に出会った彼氏・彼女は婚活パーティーがキッカケで色々と嘘っぽい事があるので調べてほしいということがあります。福岡でも婚活パーティーは毎日のように開催されており、色々な条件があってそのパーティーに参加できる仕組みのようです。例えば、年齢は20代~30代、公務員or年収400万円以上などそのような参加条件が明示されており自分が行きたい婚活パーティーに参加するというシステムです。

 

■福岡の探偵が分かる婚活パーティーの欠点

・会員登録が事前に必要だが

婚活パーティーでは会員登録が必要で、その為には免許証や保険証の提示が必要です。その事により偽名を使う事は通常は困難なので婚活パーティーで出会った相手から何かしら嘘をつかれていた場合でも名前だけは本当という可能性が高いのです。ただ、婚活パーティーの主催者側に免許の控えがあったとしても簡単に個人情報を開示して相手の住所を教えてくれるとは思えません。自分の身は自分で守るという事を肝に銘じて見極めなければなりません。

 

・既婚者の可能性もある

婚活パーティーの主催者側が1人1人の戸籍謄本を取得はしませんし戸籍の提出までさせている所はないでしょう。ということは、既婚者でも婚活パーティーに参加することは可能ですし、実際に既婚者がいるという事も有り得るようです。いつのまにか不倫相手になっているということもありますので、会う時間帯や曜日なども気にしてみるといいでしょう。やたら、夜は会いたがらなかったり、イベントごとも一緒に過ごさなかったりする場合は、もしかしたら家族と過ごしているかもしれません。

 

・勤務先、年収の偽り

プロフィール冊子というものに、自分の性格や相手に求めるもの、自分の勤務先や年収を書くものがあります。これも自分で好きなように書けますので、勝手に大企業勤めということにして、勝手に高年収の人物と偽れるということです。婚活パーティーというものは初対面同士で会うものですので、少なからず自分の勤務先や年収を詳細に書くのは抵抗があるでしょうし、もっと言えば本名を交換するというのにも抵抗があるかもしれません。意図的に相手を騙そうとしていなくても、流れでいつのまにか騙しているようになって引っ込みがつかないケースもあるでしょう。

 

■福岡の探偵が教える婚活トラブル

・やっぱり浮気が一番の問題

上でも書いたとおり、いつのまにか自分が浮気相手となっているケースが一番怖いです。もし、付き合っていると思っている相手の配偶者に付き合っていることがバレると慰謝料を請求されるかもしれません。確かに、本人にとっては身に覚えもないですし、既婚者なら付き合ってなかったでしょう。しかし、法律では不法行為は故意又は過失の場合は慰謝料を支払わないといけないとなっているのです。故意ではなくても過失に当たるとすれば慰謝料を何百万円と支払わないといけなくなるかもしれません。

 

・勤務先の問題

上でも書いたとおりプロフィール冊子というものを見て相手を判断するので、そのプロフィール冊子頼りになってしまいます。相手が勤務先を偽っていた場合、相手の本当の勤務先を知る術はありません。勤務先特定調査は比較的短期間で判明する事ですので、結婚をする前に一度調査をしてみることをオススメします。また男性は大きく自分を見せたいという心理が働きますので、大企業の名前を出して実はその子会社というケースも有り得ます。

 

・トラブルの解決策

婚活パーティーでトラブルに巻き込まれないようにするには「本当の相手を知る」ということです。本当の名前、本当の住所、本当の勤務先を知る事が大切です。最近は連絡手段がラインだったりするのでブロックされたら簡単に連絡が取れなくなることもあります。もし、相手にお金を貸していた場合取り返せないというケースにも陥ってしまうかもしれません。まずは、変だなと思ったら本当の相手を知るという所を意識して見ていきましょう。普段の会話を少し意識するだけで相手のことが見えてくると思います。

 

■まとめ

今回は婚活パーティーについて書いてみました。探偵目線としてまるっきり安心な制度ではないですし、主催者側も相手の情報を得るのには限界があります。相手のことをあまり知らなかったばっかりに、いつのまに浮気のトラブルに巻き込まれていたり、金銭トラブルに巻き込まれていたりするかもしれません。変な点があるのであれば、まずは福岡探偵事務所まで相談下さい。