探偵になるにはどうしたいいのか?

 

こんにちは、福岡探偵事務所です。今回のタイトル「探偵になるにはどうしたいいのか?」ですが、弊所には探偵になりたいんですが雇ってくれませんか?という電話が毎月のようにかかってきます。求人を出している訳ではないのにかかってくるというのは、探偵になりたい!という気持ちがある人が結構数いるのだと推測できます。なので、探偵になりたいと思っている人のために、どうしたら探偵になれるのか?現役探偵が具体的な事例を挙げながら説明したいと思います。

 

■探偵になるのは簡単だ

・探偵事務所に就職する

まず一つ目は探偵事務所に就職ということですが、これが一番王道になるでしょう。探偵事務所では人材が不足する事も多く、数件電話をかけてみると履歴書を送ってくれと言われるかもしれません。特に求人募集をかけていなくても人材がほしいという事務所はあると思いますので問い合わせて聞いてみるのも手です。無事、就職さえ決まれば一応は探偵として働くことにはなるでしょう。

 

探偵になるには

 

 

・探偵学校に通う

調査のノウハウを学ぶ為に探偵学校に通うという方法があります。私は探偵学校に通ったタイプでなく探偵事務所に就職したほうです。なので、探偵学校で何を教わるのかは知りませんが、知人の探偵には探偵学校に行っていたという人もいますので役には立つと思います。中には高額な費用もかかるのでそこがデメリットな点です。もしかしたら入学日なども決まっているかもしれませんので、今すぐ学びたいという人にとっては期間的なデメリットもあります。

 

 

・いきなり独立開業という手もある

探偵の仕事内容と言えば基本的には「尾行」「張り込み」「聞き込み」といった三つの手法を用いて特定人の行動または所在を明らかにしていく仕事になります。この仕事は机上で学んだとしても実際に調査に入ってみないと慣れないものです。また、浮気調査といっても10あったら10通りの浮気の仕方があるので、それにより調査の方法も変えなければなりません。なので、いきなり独立という形は難しいかもしれませんが、公安委員会に届出を出せば探偵にはなれますので自分で出すか行政書士に依頼をすれば探偵にはなれます。

 

 

■探偵になる為には慣れとノウハウ

・慣れとノウハウを手っ取り早く学ぶには

各探偵学校がどのような講座をしているのか知りませんが、手っ取り早く学ぶには学校に行ったほうが早いと思います。ざっとネットで調べた所、色々なコースがあり中には100万円を越すようなものもあるようです。基本的にはやはり慣れが必要で、尾行張り込みは何度もやることが大切です。弊所でも一応、学校と言う名のノウハウを学んでもらうような場を提供していますので、ご興味があればお問い合わせ下さい。ただ、低価格でノウハウを教えますが、実習を何十時間としてもらうことになると思います。学校というふうに記載はしていますが一対一でノウハウを教えますので、特にいつまでにという申し込み期間の定めはありません。なので本気でなりたいという人のみを対象にしていますので、興味がちょっとあって程度の人はご遠慮下さい。(本気でなりたい方はコチラ

 

 

・就職をすることで慣れる

探偵事務所に就職できれば給料を貰いながら探偵業務をすることができます。もちろん調査となると朝も夜も関係ありませんのでブラック企業といえばそうなるかもしれません。ただ、独立しても同じように朝も夜も関係なく調査はすることになるのでそこに対して嫌だという気持ちがあるのであれば続かないでしょう。探偵事務所への就職のメリットとしては給料を貰いながら慣れることができるということ、逆にマイナスな点でいうと、全てのノウハウを学ぶ為には何年もの時間がかかってしまうことです。

 

 

■まとめ

探偵になるには、「探偵事務所に就職」「探偵学校のような場所でノウハウを学び開業」「即開業して探偵になる」の3つの方法があるということです。尾行張り込み以外にも、聞き込み調査ではどのようにして情報を引き出すのか、依頼者様から貰った情報でどうやって人を捜すのかなど、色々と臨機応変に対応しなければなりません。探偵としての仕事の達成感は結果を出したときなので、しっかりと調査に慣れ、しっかりとした調査のノウハウを学ぶ事が大切です。