探偵業第六条

法律での解釈

 探偵業第六条では、探偵業の実施の原則について記述されています。
これから下記に、探偵業第六条について説明していきたいと思います。


探偵業第六条
探偵業及び探偵業者の業務に従事する者(以下「探偵業者等」という。)は、探偵業務を行うに当たっては、この法律により他の法令において禁止又は制限されている行為を行うことができることとなるものではないことに留意するとともに、人の生活の平穏を害する等個人の権利利益を侵害することがないようにしなければならない。



 探偵業法が制定されているのは、探偵に対して何らかの特権を付与しているわけではなく、適法に探偵業を営む事ができるということだけである。
もちろん、違法行為である盗聴行為や不法侵入等はしてはいけないし、人の生活の平穏を害する等個人の権利利益を侵害してはならない。
人の生活の平穏を害する等個人の権利利益の侵害とは、具体的に書くと尾行と称して調査対象者の前に立ちはだかり歩行の邪魔をしたり、張込みと称し商店の前で商売の阻害するような方法で業務を行うといった、民事上不法行為についても必要な規制を行う必要があったため、設けられたものである。
また、ここでいう「人」とは調査対象者のみではなく、家族や近隣住民なども含まれる。
いずれにしても、刑事上、民事上の違法な行為を行うことを禁止しているということである。







浮気調査・不倫調査・各種調査に関するお問合わせ

「浮気かわからないけれど不安で・・・」「すぐに調査を依頼したい」「まずは無料相談を受けてみたい」「見積りをしてほしい」など、お気軽にお問合わせください。ご相談は24時間無料で受け付けております。