探偵業第四条第二項

法律での解釈

 探偵業第四条第二項では、探偵業の廃止又は変更の届出について記述されています。
これから下記に、探偵業第四条第二項について説明していきたいと思います。



探偵業第四条第二項
前項の規定による届出をした者は、当該探偵業を廃止したとき、又は同項各号に掲げる事項に変更があったときは、内閣府令で定めるところにより、公安委員会に、その旨を記載した届出書を提出しなければならない。この場合において、当該届出書には、内閣府令で定める書類を添付しなければならない。



ここでいう当該探偵業とは、営業所ごとに行われる探偵業のことである。届出をした内容に変更があった場合には、その度に変更の届出をしなければいけない。
探偵業を廃業する場合にも、これを管轄する公安委員会に対し、届出をしなければいけないという規定がある。なお、法人の場合は役員の異動が生じた場合も変更の届出が必要になる。
これにより、探偵業の実態を把握している。







浮気調査・不倫調査・各種調査に関するお問合わせ

「浮気かわからないけれど不安で・・・」「すぐに調査を依頼したい」「まずは無料相談を受けてみたい」「見積りをしてほしい」など、お気軽にお問合わせください。ご相談は24時間無料で受け付けております。