探偵業第二十条

法律での解釈

 探偵業第二十条では、両罰規定について記述されています。
これから下記に、探偵業第二十条について説明していきたいと思います。


探偵業第二十条
法人の代表者又は法人若しくは人の代理人、使用人その他の従業者が、その法人又は人の業務に関し、前三条の違反行為をしたときは、行為者を罰するほか、その法人又は人に対しても、各本条の罰金刑を科する。



 探偵業十七条から十九条で罰則が規定される違反行為を行った従業員者を罰則に適応させるのは当たり前だが、事業者も従業員者の責任を負う責務があるということだ。
事業者の側で、注意を尽くしたことの証明がなされない限り、事業者の刑事責任は免れないことになる。








浮気調査・不倫調査・各種調査に関するお問合わせ

「浮気かわからないけれど不安で・・・」「すぐに調査を依頼したい」「まずは無料相談を受けてみたい」「見積りをしてほしい」など、お気軽にお問合わせください。ご相談は24時間無料で受け付けております。