探偵業第十四条

法律での解釈

 探偵業第十四条では「指示」いわゆる行政処分について記述されています。
これから下記に、探偵業第十四条について説明していきたいと思います。


探偵業第十四条
公安委員会は、探偵業者等がこの法律又は探偵業務に関し他の法令の規定に違反した場合において、探偵業の業務の適正な運営が害されるおそれがあると認められるときは、当該探偵業者に対し、必要な措置をとるべきことを指示することができる。



 ここでいう法令とは、探偵業務に密接にかかわるか否か罰則があるか否かを問わず、例えば探偵業務の契約に関し、詐欺罪に当たる行為をした場合や、探偵業務を遂行する過程で、調査の対象者に対して傷害罪に当たる行為をした場合には、当然に「他の法令の規定に違反した場合」にあたる。
尚、この指示とは行政手続法第二条第四号に規定する「不利益処分」に該当する為、弁明の機会が与えられる事になる。








浮気調査・不倫調査・各種調査に関するお問合わせ

「浮気かわからないけれど不安で・・・」「すぐに調査を依頼したい」「まずは無料相談を受けてみたい」「見積りをしてほしい」など、お気軽にお問合わせください。ご相談は24時間無料で受け付けております。