探偵業第十三条

法律での解釈

 探偵業第十三条では報告及び立入検査について記述されています。
これから下記に、探偵業第十三条について説明していきたいと思います。


探偵業第十三条
公安委員会は、この法律の施行に必要な限度において、探偵業者に対し、その業務の状況に関し報告若しくは資料の提出を求め、又は警察職員に探偵業者の営業所に立ち入り、業務の状況若しくは帳簿、書類その他の物件を検査させ、若しくは関係者に質問させることができる。
2 前項の規定により警察職員が立入検査をするときは、その身分を示す証明書を携帯し、関係者に提示しなければならない。
3 第一項の規定による立入検査の権限は、犯罪捜査のために認められたものと解釈してはならない。



 これは探偵業者が適切に業務を行っているかをチェックするものであり、そのチェックの方法が一定期間で警察の方が探偵事務所に訪れて書類の提出や質疑等をおこなうということになっている。
もし、探偵業者が資料の提出をしなかったり、虚偽の報告をしたり、立ち入り検査を拒否したりしたならば、その時は罰金30万以下を処せられることになる。








浮気調査・不倫調査・各種調査に関するお問合わせ

「浮気かわからないけれど不安で・・・」「すぐに調査を依頼したい」「まずは無料相談を受けてみたい」「見積りをしてほしい」など、お気軽にお問合わせください。ご相談は24時間無料で受け付けております。