探偵業法第一条

法律での解釈

 当たり前ですが、福岡探偵事務所も探偵業法を遵守し調査業を行っています。
これから、探偵業法第一条について説明していきたいと思います。



探偵業法第一条(目的)
この法律は、探偵業について必要な規制を定めることにより、その業務の運営の適正を図り、もって個人の権利利益の保護に資することを目的にする。



 この法律は探偵業法第一条に明記されているように、「探偵業について必要な規制を定めること」である。
探偵業務である「尾行・張り込み・聞き込み調査」といった業務は、探偵業者以外も行える行為である。
だが、この法律では探偵業務を行う者についての法律ではなく、あくまでも届出を出している探偵業者に対する法律になっている。

探偵業法が成り立つ前は、対象者の秘密を利用した恐喝や料金トラブル等の問題が指摘されていた。
なので、消費者の保護や人権擁護に資することを目的として制定された。
それを明確化したものが、「個人の権利利益の保護に資すること」である。

探偵業者は、福岡だけでもかなりの数がある。
依頼者が、どの探偵がいいのかは判断するのは難しい。
現在、届出を出していない探偵業者は少ないとは思うが、届出を出している場合は「福岡県公安委員会第○○号」とホームページに掲載されていると思うので一つ基準にしてもらいたい。






浮気調査・不倫調査・各種調査に関するお問合わせ

「浮気かわからないけれど不安で・・・」「すぐに調査を依頼したい」「まずは無料相談を受けてみたい」「見積りをしてほしい」など、お気軽にお問合わせください。ご相談は24時間無料で受け付けております。