不倫相手に探偵費用を請求出来るか


配偶者が浮気をしているか調査をしてもらったら黒だった場合に、探偵費用を自分が支払う事が馬鹿らしいと感じるのは当然の感情だと思います。
出来るのであれば相手に請求したいが、それは可能なのか?と考えると思いますが、裁判にしないのであれば請求は自由になります。
しかし、裁判の場合は、認められるか認められないかの判断は裁判官によるもので「相当因果関係」が認められるかどうかだとされています。
相当因果関係とは、相当な範囲ということですので、探偵が本当に必要だったか?ということです。

つまり、浮気をしていないと言い張る配偶者には探偵が必要でしょうが、浮気を認めている配偶者に対して探偵は必要ないでしょう。
また、金額面も「相当因果関係」がどの程度認められるかが重要になりますので、何割認められるかはケースバイケースになります。

今回は、浮気調査をした探偵費用を相手に請求ができるかどうかは、相当因果関係と認められるか否かという事を説明しました。自分で判断するのは中々難しいと思いますので、福岡探偵事務所に相談して下さい。









浮気調査・不倫調査・各種調査に関するお問合わせ

「浮気かわからないけれど不安で・・・」「すぐに調査を依頼したい」「まずは無料相談を受けてみたい」「見積りをしてほしい」など、お気軽にお問合わせください。ご相談は24時間無料で受け付けております。