浮気調査・不貞行為について

法律での解釈

福岡探偵事務所で一番相談が多いのが、配偶者が不倫をしているので証拠を集め慰謝料請求と離婚をしたいというお客様です。
なぜ、慰謝料請求ができるのでしょうか?それは、民法709条・民法710条に書かれています。

民法709条・不法行為
故意又は過失によって、他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。



民法710条・精神的な損害賠償(慰謝料)
他人の身体、自由若しくは名誉を侵害した場合又は他人の財産権を侵害した場合のいずれであるかを問わず、前条の規定により損害賠償の責任を負う者は、財産以外の損害に対しても、その賠償をしなければならない。



簡単に書くと、既婚者と不貞行為を行えば相手の夫や妻に嫌な思いをさせるでしょ?なので精神的損害も賠償しなさいというこです。
例えば、浮気相手が既婚者と知らなかったと言い訳されても民法709条に書いてある「過失」に該当する可能性があります。
「故意」か「過失」かということを主張するのは、私達「慰謝料を請求する側」ではなく「慰謝料を請求された側」なので、私達は不倫の事実の証拠を集め、不倫の事実があったと主張し慰謝料を請求すればいいだけなのです。
少し、法律を絡めながら説明しましたがご理解頂けたでしょうか?
最後に、もう一つ配偶者からの多い言い訳を説明しておきます。
「不倫する前から婚姻関係が破綻していた」このようなことを言い出す人が現実にたくさんいらっしゃいます。
なぜ、このようなことを言い出すのかというと、不倫によって夫婦関係が破綻したんじゃないと主張することによって慰謝料から逃れようとするのです。
しかし、同居しているのであればこの主張が認められる事はほぼありません。
ネットや友人から聞いて付け焼刃で言い逃れをしているのでしょう。
心配であれば配偶者と食事に行ったことや、買い物に行った事等を日記につけたりすることも有効な証拠になってきます。


以上になりますが、ご理解いただけたでしょうか?
福岡探偵事務所では相談は無料になりますので、お気軽にお申し付け下さい。相談内容が第三者に漏れることは絶対にございません。

浮気調査・不倫調査・各種調査に関するお問合わせ

「浮気かわからないけれど不安で・・・」「すぐに調査を依頼したい」「まずは無料相談を受けてみたい」「見積りをしてほしい」など、お気軽にお問合わせください。ご相談は24時間無料で受け付けております。