浮気調査で不倫発覚、依頼者の決断は再構築

 

 

依頼者に浮気調査の報告をするといろいろな反応があります。離婚をするつもりがなかった人が報告書を見ると離婚を決意したり、様々な事情を考慮して離婚をするのを踏みとどまったりと。離婚を決意した人は証拠を使って慰謝料を請求したり、有利に交渉を進め離婚するわけですので、浮気した配偶者と生活していくわけではありません。しかし、離婚をせずに様々な事情で再構築を選んだ人にとっては証拠があるものの、浮気をした配偶者と生活をしていく事になります。

 

結婚生活を続けるということは、浮気をされた人が浮気をした配偶者をいずれ信用することができるか?という部分で上手くいくかどうかが決まると思っています。「いやいや、信じないよ。浮気したんだから信じる訳ない。少なくともすぐは信用できない。」と思う方もいるでしょうが、こういった考えを持つと自分自身の精神を削っていく事になります。例えば、夫や妻が仕事で残業になるという言葉、夫や妻が飲み会に行くという言葉に対して、浮気をしているんじゃないか?と思ってしまい、飲み会に行くのを止めたり、感情をぶつけたりしてしまいます。浮気をされた側は「浮気したんだから心配するような言動は控えてよ!」と思うわけです。浮気した側は「また浮気したことを言っている。しつこすぎ!その話しはあのときで終わったでしょ。」となるわけです。

 

 

そうなるのは分かっていても、感情の部分ですので浮気をした配偶者を心の底から信じることはできませんし、どうして分かってくれないのか?遊びにいくのを控えてくれてもいいじゃないか?と理不尽さを感じてしまいます。再構築を選ぶということは、ここまで理不尽さを感じながらも結婚生活をしていくという決断をしないといけません。

 

 

今日のタイトルは「浮気調査で不倫発覚、依頼者の決断は再構築」としていますが、再構築をするのに頑張らないといけないのは浮気をされた側だということが分かると思います。いくら証拠を集めても再構築を選ぶのであれば、浮気をされた側が一番大変です。それでも、今後離婚を決断する日が来るかもしれないので証拠があるのは心強く、浮気をした配偶者と堂々と言い合いができ、あまりにも耐える事ができなければ証拠を叩きつけてやればいいのです。どうして、被害者が理不尽さを感じないといけないのかと私は腹が立ちます。

 

浮気調査や悩み相談なら、福岡探偵事務所にお任せ下さい。

無料相談24時間受付中です。