探偵が妻の浮気を徹底解剖

 

 

 

♦妻・彼女の浮気・不倫を考える     

 

男性と女性の浮気は本質が大きく違い、「探偵が夫の浮気を徹底解剖」にも書いたとおり、男性の浮気はほとんどが性的欲求を満たすことが目的ですが、女性は浮気ではなく本気で恋愛をしている可能性が高いです。浮気のキッカケとなるものは其々ですが、何度も言いますが女性の浮気は本気です。妻と離婚や慰謝料の交渉をする際は、妻は浮気相手と本気なんだということを頭に入れ交渉に臨んでください。一番ベストは弁護士に交渉してもらう事をオススメします。

 

 

 

♦浮気の兆候?可能性?     

 

1.服装や下着が変わる

これは、浮気の兆候の王道中の王道です。浮気の相談を受けると、見たことない下着が増えたり、洋服への趣味が変わったりすることが多いようです。要は一人の母親でなく女性となり、その女性の部分を浮気相手に見てほしいという意識が芽生えたということです。特に下着が派手なものになったり、可愛いものが増えたと思った場合は、既に浮気相手と不貞関係にある可能性が高いです。

 

2.セックスレス

拒まれるようになったと感じたら、浮気をしている可能性は高いです。下着が増え、セックスを拒むというパターンになった場合は、調査をすることを強くオススメします。もう既に黒に近い灰色になっており、頭の中も浮気相手でいっぱいだと思います。一刻も早く調査をし、証拠を集めることに専念しましょう。

 

3.外出が多くなった

これは気付ける場合と気付けない場合があります。妻が専業主婦の場合、昼に何をしているかを把握することが難しい場合があります。浮気をする時間帯は、必ずしも夜だけではない為に夫が仕事をしている時間帯に浮気をしている可能性はあるのです。お互いに仕事をしている場合は、飲み会などが増え始めた場合は要注意です。短時間でも浮気相手と会うことは珍しくない為、以前より外に出るようになるのも浮気の兆候です。

 

 

 

 

♦妻の浮気に気付きにくいワケ         

 

夫が妻の浮気の発見に気付きにくいのには理由があります。それは、基本的には浮気相手である男性がデート代等を負担することが多く、家のお金の管理も妻がしている為、夫が使用不明なお金に気付きにくいというところです。もう一つの大きな要因として、男性はまさか自分の妻が浮気なんかしていないはずと信じているケースが多く見受けられます。実際に探偵をしていて感じるのですが、男性が相談に来られる中で、間違いなく妻は浮気をしていますと断言した方は少ないです。もしかしたら、、、というケースが非常に多く、相談内容を聞くと怪しさ満載にもかかわらず、妻は浮気をしていないはずと信じていることが多いです。

 

 

 

♦父親が子供の親権をとりたい      

 

母親が浮気しても父親が親権をとれる割合はとても少ないと聞いたことあると思います。何故なら、夫婦関係を破綻させた責任と子供の親権とは無関係とされているからです。親権を決めるときの判断基準は「子供の幸せ」ということです。平成27年度の司法統計によると、19836件のうち父親が親権になった件数は1947件と約1割となっています。数字だけを見ても、父親が親権をとれるのが難しいと分かりますね。

 

ただ、夫婦関係を破綻させた責任と子供の親権は無関係とされていても、「浮気をする為に子供を一人で家においた」「子供の進学費用を使い込んだ」等は、子供に悪影響を与え「子供の幸せ」とかけはなれてしまうので、そこは考慮されます。

 

では、父親が親権をとりたい場合やれることは何でしょうか?以下の通りです。

 

1.子供に対する養育

一般的に養育実績があるのは、母親である場合が多いと思います。父親は外で働いて、母親が専業で家事育児をするのは現代でも珍しくないことです。ですが、小さい子供ほど母親に親権がいくのは、子供を育てているという実績があるからです。仕事が激務で子供を養育する時間がないという言い訳は通用しませんので、転職も視野にいれる必要があるでしょう。父親である大きな不利な点はここにあります。

 

2.子供の意思

子供が小さければ小さいほど、母親が親権をとるケースが多いのですが、10歳くらいになると子供の意思も重視されるようになります。15歳以上になると、基本的に本人の意思を尊重されるようになります。

 

約9割の父親が親権をとることができないのですが、調停などで面会交流の取決めをすることになると思います。その場合、面会回数は基本的に月に1回以上が5割を超えます。これも司法統計からの情報になりますが、平成27年度総件数13973件中、週1回以上425件、月2回以上1116件、月1回以上6153件となっています。これも一つの参考にしてみて下さい。

 

 

 

♦妻の浮気解剖、最後に     

 

信じていた妻から裏切られたと思うと、精神的に辛いと思います。ですが、現実を受け入れ証拠を収集しておくというのは、とても大事です。してもないのに、モラハラやDVをされていたと主張する方も珍しくありません。その為の予防の一つとして、証拠を集めておくということは大切なことです。自分の両親、妻の両親にキッチリ真実を知ってもらう為にも、探偵を利用するという選択肢を増やしてみてください。